«
»


HDD、現行最先端技術の約5倍の容量実現へ

Posted by マサ on 11月 8, 2007 | Category:HDD, IT news

  • 2010年の実用化を目指してHDDがテラバイト時代を切り開く!

11月6日、東京大学大学院工学系研究科の大津元一教授は、日立製作所、東芝、富士通など国内の記憶装置メーカー8社と共同で、1平方インチ当たり1テラ(1テラは1兆)ビット以上のハードディスクを実用化する事を発表しました。

HDDは常に技術的限界が唱えられ続けていますが、常に新しい技術の登場がそれを引き延ばしています。
近接場光」という技術を用いて高密度かを実現するそうです。
【詳細】1テラ級HD、3年後実用へ 東大が日立、東芝などと共同

我が家でも、HDDの数が多分10台くらいあって合計2TBくらいあるかと思いますが、是非とも実用にもバックアップ用にも欲しいものです。

【HDD関連記事】
世事淡々:HDDカテゴリ





スポンサードリンク
Leave a Reply

Comment