テレビゲームが及ぼす学力への影響

Posted by マサ on 8月 31, 2007

テレビゲームが学力へ及ぼす影響!
テレビゲームのしすぎは学力低下傾向にある。

新潟県が今年1月に、小学4年生から中学2年生までの11万人を対象にした学力調査と意識調査の結果明らかになりました。
ゲーム時間が1時間以内のケースでは、学力の平均を下回らないものの、それ以上では平均を割り込み、3時間以上ゲームをする子は特に学力低下が見られるようです。

まあゲームをしていなくても勉強をしなければ同じ事だと思いますが、もしかしたらゲーム脳化によって判断力や考える力の低下が、学力の底下げに起因しているのかもしれません。
論理的に考える力は欧米と違い、日本では理屈っぽいとか目上の人に逆らうなといった風潮が無きにしもあらずですが、自力で生きようとする上で偏差値以上に大切にしたいですね。

070831_seji_a-01.jpg


Posted in 世事 || No Comments »

WindowsVistaSP1のリリースは?

Posted by マサ on 8月 30, 2007

Windows Vista SP1、2008年1~3月をめどにリリース予定!

VistaSP1βがネット上に流出したと今月上旬に報じられましたが、ようやくSP1のリリース予定が決定したようです。
SP1ではセキュリティや周辺機器に対するドライバなどが改善されるようです。

リリース前から多くのバグを抱えて発売したVistaですが、5年以上かけてリリースしたOSの割にはお粗末なものかと・・・。
まあWindowsというシリーズ全てに言える事ですが、その原因の一つは、WindowsOSに対する強力な競合相手がいない事も挙げられるんじゃないでしょうか?
ライバルが互いを高みに導くがないとね・・・

次期WindowsOSとして、開発コード「Windows Seven」の存在も囁かれていますが、そういえばデータベースを用いたファイル検索が可能なWinFSはSP1でリリース予定だったにも関わらず中止したそうですね。
次期Windowsでは???


Posted in IT news || No Comments »

評価された安倍首相

Posted by マサ on 8月 29, 2007

北朝鮮大使、安倍首相を評価

北朝鮮の宋日昊(ソン・イルホ)・朝日国交正常化交渉担当大使は、安部首相の「日朝の不幸な過去を清算をし、日朝正常化を図る」といった発言を評価しました。

かつて安部首相はテレビで、「北朝鮮に褒められたらお終い」のような発言をしていました。
求心力が低下した安倍首相の八方塞がりの北朝鮮問題で、やや弱腰的な発言をしたのかも知れませんが、拉致問題を政治原点に位置づけている安倍さんの今後の対北政策は注目ですね。


ブログで宅急便とな!?

Posted by マサ on 8月 28, 2007

過疎の村でブログによる宅配便窓口代行サービスを9月スタート!

和歌山県北山村(人口600人足らず)では、宅配業者と組み、村が運営するブログ上で宅配便の窓口代行サービスを開始するそうです。
ブログの会員になれば、全国の誰でも配送料の割引が可能になるとの事。

Web2.0を使った小さな小回りの利く村ならではだと思いますが、ユニークな発想で面白いですよね。
大規模なWebだとコストと手間が掛かりますがブログなら手軽。

インターネットとPCブームからまだ12,3年ですが、ネットや情報産業はこれから更に多くの期待を集めそうな予感をさせられるそんな記事でした。


安打製造機・イチロー

Posted by マサ on 8月 28, 2007

7年連続の年間200安打まであと10本

イチローは今年も200本安打を達成しそうです。
しかも7年連続はまさに偉業!

先日も日米通算2800安打を達成したばかり。
このままいけば、来年あるいは再来年には張本勲が持つ3085安打を超えるでしょうね。

次々と記録を塗り替えていくイチローを見ていると、日本人として誇りに思う瞬間ですね。


中国企業、今度はSeagate買収!?

Posted by マサ on 8月 27, 2007

PC部門の次はHDD買収か?

ニューヨークタイムスは8/25付けの記事で「ある中国企業がSeagate社の買収に関心を示している。」と報じました。
Seagate社は、2005年に同じくHDDメーカのMaxtor社を買収して現在では世界のHDD市場で1/3を占めています。
また、PlayStation3に使われているHDDもSeagate製だったりします。

アメリカ政府関係者からは、SeagateがHDDの暗号化技術を持っている点から安全保障における懸念や、IT産業の流出による危機感なども聞こえているようです。
また、おそらく国民感情としても、「IBMの次は・・・」という想いもあるかもしれません。

アメリカの産業は、家電製品や自動車など、既に日本などにトップを譲りました。
IT産業でも後塵を拝するわけにはいかないかも知れません。

しかし、アメリカは情報・金融において世界トップです。
もし仮に買収されたとしても、先進の先進を行くアメリカから新しい産業が生まれるかも知れませんね。


Posted in HDD, IT news || 1 Comment »

液晶の時代

Posted by マサ on 8月 27, 2007

液晶がテレビの82.6%を占める!

本日、電子情報技術産業協会(JEITA)が発表した7月の民生用電子機器国内出荷実績は、液晶テレビの出荷台数が56万8000台であり、テレビ全体の占める過去最高の82.6%に達していた。

昔は液晶は価格が高い上に、ブラウン管よりも反応度や映像が見劣りしたりもしていましたが、コウトダウンやシャープの亀山工場に代表され国内生産の高品質化もあり、液晶テレビは1インチ1万円を切り求めやすくなりました。
近年では30インチ越えの大型も高いニーズがあり、消費電力もブラウン管の1/3程度のケースもあるなど、省スペースも魅力的で人気を呼んでいます。

私のパソコンルームも4台中3台が液晶です。(といっても数年前のDELLとNECの15インチ液晶。)
私が液晶に魅力を感じるのは、やはり省エネ・省スペースですが、将来的にはパソコンのモニターも最新の液晶に変えて、パソコン自体もCore2等で省エネ化を図る!
東京電力の騒動などを見ていると省エネの大事さを感じますが、それ以上に液晶の魅力はやはり省スペースではないでしょうか?


Posted in IT news || No Comments »

日本の携帯通話料

Posted by マサ on 8月 26, 2007

日本ではe-Japan計画以後、ブロードバンドの普及を目指し、世界最低水準の通信料を実現させました。(当時の森総理はIT革命(あぃてい)等と叫んでましたが、どちらかと言えばYahooBBのおかげです。)

先日、総務省は東京の携帯通話料を調べました。
レポートによると、東京の通話料はニューヨークの3倍、ソウルの2倍だそうです。

各国料金体系や利用サービスは異なりますが、日本の場合は端末を安く売って通信料で回収する実態が浮き彫りになりました。総務省は近く見直しを求めるようですが、安くなることは何よりも結構なことです。


Posted in IT news || No Comments »

就活を漢字一文字で表現すると・・・

Posted by マサ on 8月 25, 2007

毎日コミュニケーションズが大学生にアンケートした結果、就職活動を「楽」と感じた学生が4年連続トップだったのに対し、内定を取れず「苦」とした割合も急上昇-という結果が出ました。
この事から、大学生の中にも格差が生まれているという。

さて、格差は悪いことかでしょうか?
アニメ「コードギアス 反逆のルルーシュ」で、世界の1/3以上を支配するブリタニア皇帝が「不平等は!悪ではない。平等こそが悪なのだ。権利を平等にしたEUはどうだ。人気取りの衆愚政治と坐しておる。富を平等にした中華連邦は、怠け者ばかり。だが、我がブリタニアはそうではない。争い競い、常に進化を続けておる。ブリタニアだけが前へ、未来へと進んでおるのだ。」と演説していました。

格差問題が言われている今、何かとテーマになる話題ですが・・・
全てを平等にすることによって、努力した人もそうでない人も平等だという格差もいけませんよね。


Posted in 世事 || No Comments »

著作権スタンダード

Posted by マサ on 8月 24, 2007

昨日、「著作権保護期間延長問題を考えるフォーラム」というのシンポジウムが開催されました。

欧米では著作権が死後70年まで有効なのに対し、日本は50年です。
日本の主張は、著作権を短くすることで2次創作が生まれ、文化の発展に繋がるというものです。

日本も欧米基準にするか、あるいは「日本モデル」が世界に通用するかという議論がされました。
日本では外圧によって欧米基準にするように迫れていますが、外圧は不条理であり、日本独自のモデルを模索することが大切という意見が今回は占めたようです。

しかし、ドラえもんなどのコミック販売をめぐって、以前勝手に最終回を書いた人の問題もありましたが、それと親族による著作権主張など、著作権に関する話題は何かと事を欠きません・・・

知的所有権のあからさまな侵害は問題ですが、死後については50年でさえ長すぎるのではないかと、私個人は感じますね。


Posted in 世事 || No Comments »