«
»


べたべたくっつかないガム

Posted by マサ on 9月 17, 2007 | Category:世事

  • 英ブリストル大学からスピンアウトした英Revolymer、かんだ後でもべたべたくっつかない「Clean Gum」を開発!

このガムは水で分解できる性質を持っているらしく、ガムをどこかに貼り付けたとしても24時間以内に自然にはがれるとの事です。
昔、ガムは石油からできているような話を聞いたときは少しガムを敬遠した覚えがありますが、果たして安全面はどうなんでしょうか?

このガムは2008年を目処に製品化を予定しているそうですが、ダイオキシンや携帯電話の電磁波同様に後から・・・なんて事は?
食の安全が叫ばれている時代なだけに気になる点でもあります。

まあ何でも後の祭りという事が多いので、できれば知らぬが仏の方が幸せかも知れませんが。





スポンサードリンク
Leave a Reply

Comment