«
»


列車の窓ガラスが破損

Posted by マサ on 10月 7, 2007 | Category:世事

  • 列車に投石。

10月6日午前10時40分頃、JR鹿児島線竹下駅(福岡市博多区)付近を走行していた、準快速列車の左側窓ガラス1枚が割られる事件が起きました。
また、同日午後1時15分頃、同駅を通過直後の上り特急「かもめ20号」の左側窓ガラスにもヒビが確認されました。

さらには同日午前10時15分頃、山陽新幹線博多-小倉間を走行中の博多発東京行き「のぞみ16号」でも14両目の窓ガラスにひびが入っているのが見つかりました。

いずれも投石によるものとの見方で警察は調べを進めています。

以前、東名高速道路の沼津付近で橋の上から投石して自動車の助手席に座っていた方にヒドイ怪我を負わせた傷害事件がありました。
事件か事故なのか分かりませんが、もし事件だとすれば、この手の犯行は厭世主義者によるものか知りませんが、イタズラでは済まされず全くの無意味な行為であり、哀れにも感じます。





スポンサードリンク
Leave a Reply

Comment