«
»


暫定の新定義

Posted by マサ on 12月 7, 2007 | Category:世事

古舘が暫定の定義を追加!?

暫定税率という名のもとで30年以上もの間、ガソリンの揮発税に暫定税率をかけてきました。
この暫定税率が取り上げられるようになったのは、最近の原油高によるところが強いですが、そもそも暫定なのです。
30年とは人間の人生の2/5に相当します・・・

本日の報道ステーションの冒頭で古舘伊知郎さんが辞書で暫定の意味を紹介して、さらに意味を付け加えました。

【暫定】
あるいはそれを長く続けるための口実。

全く仰る通りです。
自民の原油対策チームの運送業者のみへの緩和策というのは温い限りです。

万能細胞のニュースで、資金力と政策力を背景にアメリカが急速に追い上げてきた話が聞かれましたが、お金の使い方や考え方を政治家は考えた方が良いかと思います。





スポンサードリンク
Leave a Reply

Comment