«
»


横綱・朝青龍の再来日会見

Posted by マサ on 12月 1, 2007 | Category:世事

朝青龍、再来日で再出発を語る。

11/30、療養中にサッカーをしていたなどして、その品格と品位に問題有りとされていた朝青龍が、療養中のモンゴルから再来日しました。
日本に来て朝青龍は、1月場所での再出発を述べました。

相撲という競技はスポーツの領域は言い表せない側面を持っているのでしょう。
相撲が持つ独自の伝統とは、万系一世の天皇制とも通じる日本固有の文化なのかもしれません。

記者会見で、朝青龍は以前と比べて反省した態度で、これまでの騒動に対して謝罪を示しましたが、その心の底辺はどうなのでしょうか?
中々人は変われないものですが、ネガティブな状況下から立ち直った事で変われる事もあります。

なにはともあれ、伝統文化も大切ですが、ファンあっての相撲なのは、相撲にとっても変わらないはずです。
現金なようですが、最終的には相撲ファンが彼自身の行為を評価するのでしょう。





スポンサードリンク
Leave a Reply

Comment