«
»


LinsStationの分解

Posted by マサ on 12月 3, 2007 | Category:パソコントラブル, 私事

バッファローのネットワーク・ハードディスクのデータ取り出しへ。

ネットワークHDDのLinkStation「HD-H120LAN」(120GB)が壊れました。
故障箇所は、ネットワークへの接続ができなくなるという、ネットワークHDDとしては致命的です。
データリンクのランプが、LANケーブルを接続しても全く点灯しません。

修理に出すにも面倒な上、特にネットワークHDDとしての利点を生かして使っている訳でもないし、何よりデータが直ぐに必要だったので分解する事にしました。
分解すると、出てきたHDDはsamsung(サムソン)製。
見えない部分でコストを節約していたとは・・・

そして、IDEをUSB接続タイプに変換するのと接続し、Windowsで接続しました。
しかし、LinkStationがLinuxシステムだったため、表示されません・・・(もちろんフォーマットすれば使えるのですがデータが消えてしまいます。)

取りあえず、サーバの方に接続してマウントしてみました。
すると・・・日本語のファイルが文字化けを起こしていました!

というわけで、文字化け解消に向けて時間を浪費せねばならないようです・・・T_T)





スポンサードリンク
Leave a Reply

Comment