«
»


激裏情報、表現の自由?

Posted by マサ on 11月 6, 2007 | Category:世事

  • 激裏情報の情報は違法だが表現の自由?

「激裏情報」というサイトを御存知でしょうか?
インターネット黎明期からUG(Under Ground:地下サイト)で有名なサイトでありました。

このサイトでは、法律ギリギリ、あるいは法律を超えた情報が掲載されている事で問題視する人もいます。
もちろんこのサイトに限った話ではありませんが・・・

書店でも、違法行為を助長するような書籍がありますが、「これらの情報を実践しますと現行の法律に触れる恐れがあります。」などと偽善を振りかざして堂々と並べられているのにも疑問符がつきます。
結局、書籍の売り上げというのは、本来購入されるべき著作権料が転化していると言えるでしょうから・・・

法律の建前などを言えば、ソープランドなんかも偽善と言えるでしょうが、かつての名言で、「憲法の前文と憲法九条と隙間」なんて言葉もありました。
何でも明確にせねばとまでは言いませんが、この曖昧さは特に日本人に受け入れられるのかもしれませんね。

【参照元】
ITmediaNEWS:【消える「一線」】「知識に罪はない」 “激裏情報”をめぐって 2007/11/06





スポンサードリンク
Leave a Reply

Comment