«
»


教職員のストレス

Posted by マサ on 12月 28, 2007 | Category:世事

教職員に広がる心の病

12/28、平成18年度に精神性疾患で病気休職した公立学校教職員は4675人で前年度より497人増加し、14年連続で過去最多を更新した事が文科省の調査で分かりました。

教育再生と前安部首相が高らかと理想を掲げていましたが、現実は、現場は大変厳しいものがあるようです。
教職員は、職場の同僚や上司の人間関係に加えて、秩序を保てない生徒やモンスターペアレントと呼ばれる親との応対。
そうしたストレスの多い環境に追いやられるケースが他の職業に比べて強いのかもしれません。

心の病を治すには、結局の所、自分自身に心の拠り所を見つけなければならないのでしょう。
他人であったり、趣味であったり。

生き甲斐。

極端に強いストレスを感じていなくても、変化のない毎日には人間は退屈しがちになる。
忘年会シーズン、そんな話を社会人から聞く事が多いような気がします。

【参照サイト】 – iZa!:イザ!





スポンサードリンク
Leave a Reply

Comment