«
»


100キロ先まで到達する『Wi-Fi』技術

Posted by マサ on 3月 21, 2008 | Category:IT news

Intel の『Rural Connectivity Platform』(RCP)が無線の常識を覆すか?

米Intelは、無線LAN規格『Wi-Fi』(『802.11』系列の規格) の信号を、100キロ先まで飛ばす技術の開発をしている事がわかりました。
この技術が一般的になれば、地域間にケーブルを施設しなくてもインターネットなどのインフラを揃える事が可能になりそうです。

理論上は100Kmですが、障害物や地球の丸みなども考えて30Km~60Kmが現実的だそうです。
しかし、それでも東京23区くらいはカバーできそうな範囲です。

ネットワーク化が加速し、ワイヤレス・ボーダレスな時代を一層予感させてくれる話です。
攻殻機動隊をちょっと思い出しました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080321-00000007-inet-mobi





スポンサードリンク
Leave a Reply

Comment